あめたまびより

初心者フォトグラファーの一眼レフカメラ奮闘記

2016

Aug

26

今年も華越前の出荷がスタート。稲刈りからお米が出来るまでを取材してきました。

diary_ricereaping

毎日暑いですね。それでも日が暮れる時刻が少しずつ早くなり、暦の上でも秋になったんだなぁと実感しています。

以前、田植えの見学を記事にしました。

参考福井県自慢の米『華越前』の田植えを見学。秋の収穫が待ち遠しい。

華越前は早稲(わせ)といって少し早く収穫されるお米です。県内でも初出荷が始まったとニュースになっていました。

うちの周辺でも稲刈りが始まっていたので、ちょっと写真を撮りに行ってきました。

不思議なご縁で県内で有数の米生産者である「ファームビレッジタナカ」の田中副代表にも取材させてもらえたので僭越ながらご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

田園風景と米の収穫

_MG_7360

実家から妻の家に向かう途中の道は道のりの半分以上がずーっと農道で、周りはだいたい田んぼです。

車を走らせていたら稲刈りしているご夫婦がいらっしゃったので声をかけて写真を撮らせていただきました。

稲刈りの様子

_MG_7345

お米を収穫する機械はコンバインと言います。このコンバイン、結構いいお値段だそうで、購入すると500万円ぐらいだとか。

田植えの時の農家さんも言っていましたが、農機具の費用が高いわりに年に数日しか使わないからコストパフォーマンスが悪いですよね。

_MG_7328-Edit

刈り取ったお米はトラックの荷台にザーッと詰めていきます。農家さんによっては軽トラに袋を載せてたりと、この辺はマチマチっぽいです。

_MG_7330

結構な音とともにお米だけがどんどん出てきます。

_MG_7319

田んぼの四隅はコンバインが入れないので、手で刈ります。空いた時間に刈り取って路肩に並べておき、あとでコンバインに手で入れていきます。

_MG_7309

今回お話を聞いた農家さんは70代だとか。お元気な方で、話を聞いていたら私の家の結構近く(小学校の学区内)に住んでる方でしたw

この方から紹介してもらい、収穫したお米を製品にしている会社にお邪魔してきました。

収穫したお米が製品になるまで

_MG_7386

お邪魔したのはファームビレッジタナカさん。

突然押し掛けたにも関わらず、副代表の田中さんは快く写真撮影の許可をくれた上、機械の説明もしてくださいました。

_MG_7375

まず、乾燥機でお米を乾燥させます。

収穫時のお米の水分量は約25%。それを一晩かけて15%まで落とします。こうすることでお米の保存ができるようになるんです。

_MG_7365

乾燥したお米はもみ殻が付いた状態で次の機械に送られていきます。

_MG_7378

登場したのは超巨大な複合機械。やってることを簡単に箇条書きにしてみます。

  • もみ殻を落とし、小石やごみなどと一緒に排出
  • 大きさを選別し、小さすぎるお米や割れたお米は排出
  • 色を選別し、色の悪いお米は排出 ←ここ重要

色の選別をしているのが写真右上の部分なんですが、これがかなり高額なんだとか。持っている農家さんもほとんどいないそうです。

ちょっと調べてみましたが、超すごいってことしかわかりませんでした。

公式エレガンテ:色彩選別機セットシステム | 金子農機株式会社

_MG_7367

上が選別前のお米です。粒は不揃いで、色も黒ずんでいたり緑だったりというお米が混じっているのがわかります。

_MG_7366

選別を終えて出荷される商品がこちら。粒はそろい、色も見事でおいしそうなお米です。

_MG_7368

近くに寄るとより一層粒の揃い具合が引き立ちます。

_MG_7379

小さくて商品にならないお米は「網下米」と呼ばれます。

網下米はお酒の原料米に使われたり、米粉として使われたりします。うんうん、ムダがなくて素晴らしいですねー。

今回のまとめ

田植えの撮影をしているときも思いましたが、毎日食べているのにお米がどうやって作られているかは案外知らないものです。

参考福井県自慢の米『華越前』の田植えを見学。秋の収穫が待ち遠しい。

あと農家さんは基本いい人。急な声かけにもいろいろ教えてくれたりとても親切です。

今回お話を伺ったビレッジファームタナカさんでは収穫したお米を直販しています。Webでは購入できないので、詳細は直接お電話にてご確認ください。

田中副代表「うちの米食べた人はほぼ間違いなくリピーターになるから」

公式ファームビレッジタナカ

あー、お米食べたくなってきた!新米楽しみだなー!!

それではステキなカメラライフを!あめたま(@ametama_l2l)でした。

今年も華越前の出荷がスタート。稲刈りからお米が出来るまでを取材してきました。

あめたま / ametama_l2l

福井出身の昭和男子。ブロガー。一眼レフカメラ初心者。出来るだけわかりやすくがモットー。これから写真・カメラを始めたいという方に向けて情報発信中。

最新の更新情報はRSS・Feedlyでお届けしています。

こんな記事も書いています

出雲大社の大しめ縄は迫力満点!参拝作法がちょっと違うから要注意。

先日、突発的に島根県に行ってきました。大阪から車で約4時間。結論から言うと長時間 …

オオサンショウウオマイスターと行く京都水族館は魅力が多すぎて大変

京都水族館をご存知でしょうか。海のない内陸部にある全国でも少し珍しい水族館。日本 …

彼岸花は火事を呼ぶ?一乗谷の朝倉氏遺跡で彼岸花(曼珠沙華)を撮影してきました。

お彼岸の季節になると咲くことから「彼岸花」と呼ばれる赤い花。別名は曼珠沙華(まん …

ネモフィラを見たくて万博記念公園に行ったら一面のポピーがすごかったって話。

万博記念公園には年に数回行っています。 よく行く理由は家から比較的近いこと、いつ …

マクロレンズと相性抜群の被写体「秋の味覚・キノコ」を撮る。

秋といえばキノコですね。キノコのおいしい季節になりました。香りマツタケ、味シメジ …

熊本城を撮ってきた!押さえておきたい撮影スポットを紹介します

熊本城を撮ってきました! 城も見事なんですが、今の時期だと庭園の梅も見ごろです。 …

海とゆりの競演!250万輪のゆりが咲き乱れる舞洲ゆり園に行ってきました。

昨年行きたかったけど、タイミングが合わず行けなくて悔しかったのが「舞洲ゆり園」で …

東京モーターショー2015で撮影するのにおすすめのレンズは?単焦点レンズで失敗した理由。

行ってきました!東京モーターショー2015! 先に感想を書くと「めっちゃ楽しかっ …

コスモタワー(咲洲庁舎展望台・旧WTC)で夜景の撮影は失敗したけど赤ちゃんポートレートはたくさん撮れました。

「咲洲庁舎」ってご存知ですか? 大阪では一時期、結構話題になった(と私は思ってい …

人混みを避けてのんびりと桜を撮影。泉佐野市の大井関公園に行ってきました。

桜の撮影で一番困るのは「人の多さ」なんですよね。 有名なスポットに行くと、人がご …