あめたまびより

初心者フォトグラファーの一眼レフカメラ奮闘記

2015

Aug

28

RAW現像でワンランク上の写真に!カメラ初心者こそRAW現像で写真をもっと楽しもう

lecture_raw_developing

このブログでちょくちょく出てくる単語にRAW現像という言葉があります。

誤解を恐れずにいうと、「RAW現像=加工」です。そのため、RAW現像は邪道だという人もいますし、逆にせっかく一眼レフで撮っているのにRAW現像をしないなんてもったいないという人もいます。

私は後者です。

ちなみにこのブログに載せている写真のほとんど(*)はRAW現像をしています。

今回は過去に掲載した写真の中から、特にRAW現像での変化が大きいものを選びました。どんなことが出来るのかを雰囲気だけでもわかってもらえたらと思います。

(*)レンズレビュー記事や撮影比較記事は参考にならなくなるのでRAW現像を行っていません。

スポンサーリンク

RAW現像って何?

現像ってプリントのことじゃないの?

先ほどからRAW現像って言葉の解説なしに突っ走ってますが、ここで簡単に説明しておきます。

通常カメラで撮った写真をPCやスマホで見る場合、JPEG(ジェイペグ)という形式を使用します。これは聞いたことがある人も多いと思います。

RAWは「ロウ」と読み、JPEGになる前の素材の状態のことです。RAWからJPEGにすることをRAW現像といいます

現像っていうと写真をプリントすることだと思いがちですが、実はそうじゃないんです。フィルムの場合だと暗室にこもって薬品つかってネガにするあれが現像です。デジタルの場合は素材であるRAWから汎用画像ファイルであるJPEGにすることを現像と呼びます。

まぁ、詳しいことはわからなくても大丈夫。なんとなくそういうものがあるんだってわかればOKです。

カメラは自動でJPEGに現像している

一眼レフカメラもミラーレス一眼もコンデジも、デジタルカメラならJPEGで写真を保存することが出来ます。

実はこれ、カメラが内部で自動的にRAWからJPEGに現像しているんです。

もちろんそれでも悪くないんですが、そこを自分でやることで、より自分の想いを乗せた写真に仕上げることが出来ます。

RAW現像の作例

それでは過去にブログに掲載した写真の現像前と現像後の違いを見ていきましょう。

先に言っておきますが、ぶっちゃけこれは詐欺じゃないか?という変化を遂げている写真もあります。女性のメイクと同じです。それを詐欺と捉えるか、技術と捉えるかはあなた次第です。

夜景

IMG_5100

以前も現像前と現像後の比較写真を掲載したことがあります。この写真はそのときのもの。

再掲になりますが、現像前の写真もご覧ください。

IMG_5100_o

シャープやコントラストも触っていますが、一番の違いはWB(ホワイトバランス)です。現像前の写真はWBオートで撮影しています。

私の頭の中で描いていた夜景はもっと青い夜空だったので、色温度を下げて青みを出しました。

参考三脚を使用した都会ならではの夜景をLightroomで鮮やかな写真に仕上げる

鹿

IMG_7037

第2回あめさんぽで奈良を訪れたときに見かけた凛々しい鹿。これもRAW現像で仕上げています。

IMG_7037_o

鹿の凛々しさを強調する方向で現像しました。

Lightroomにある「明瞭度」という機能を使っています。明瞭度を上げることで、鹿の毛並みのくっきり度が上がります。

また全体に暗かったので露光量を上げ、仕上げに目の黒さと毛並みの鮮やかさを強調するためコントラストを上げました。

参考【イベントレポート】第2回あめさんぽは奈良!鹿、鹿、鹿!!

アジサイ

IMG_6873

この写真は元記事でふんわり優しいアジサイとして掲載しました。

IMG_6873_o

これはひどい!!!

一応、大まかな現像の手順を書いておきます。

  • 真ん中の塊を引き立てるためトリミング(一回り小さくカット)
  • 暗いので露光量をプラス
  • ふんわりさせるためにコントラストを下げる
  • 色温度を少し下げ瑞々しい色合いに

実際にはいろいろ試しながら仕上げていったので、いろんな数字を何度も上げたり下げたりしています。

参考しっとり紫陽花とふんわりアジサイ。シーズン終了間近の万博記念公園であじさいを撮影。

今回のまとめ

自分で現像することでいろいろな仕上げ方が出来ることがわかってもらえたと思います。

とはいえ、RAW現像をするもしないも自由です。強制するつもりはまったくありません。

構図を切りなおすなんて邪道!WBを後からいじるなんて邪道!もっとシャッターを切る瞬間と真摯に向き合うべきだ!!

その気持ちもわかりますが、それよりもカメラ初心者は

「こんな風に切り取ったらもっとステキな写真になった」
「WBを変えたらこんなにいい写真に仕上がった」

という感覚の方が大事なんじゃないかなって思います。いろいろやってみるのも楽しいですよ。

それではステキなカメラライフを!あめたま(@ametama_l2l)でした。

RAW現像でワンランク上の写真に!カメラ初心者こそRAW現像で写真をもっと楽しもう

あめたま / ametama_l2l

福井出身の昭和男子。ブロガー。一眼レフカメラ初心者。出来るだけわかりやすくがモットー。これから写真・カメラを始めたいという方に向けて情報発信中。

最新の更新情報はRSS・Feedlyでお届けしています。

こんな記事も書いています

フォトショップでレタッチを楽しむ。現像後の加工だって写真の楽しみ方の一つです。

先日の深夜のお話し。 お酒を嗜みながらスマホでTwitterを眺めていたら、二つ …

やさしくやわらかく。赤ちゃんをよりかわいく見せるRAW現像テクニック

赤ちゃんが生まれて毎日写真を撮っています。 まだ動きも少なく、寝ているか泣いてい …