現像・加工・修正

更新日:

【簡単Photoshop講座】レンズの汚れが映り込んでしまったときのもっとも簡単な修正方法。

夢中で写真を撮っているときは気付かなかったけど、帰宅してPCに取り込んでみたらガッカリ…。そんな経験ありませんか?

そう、「レンズの汚れ(ごみ)の映り込み」です。

レンズの汚れなんてファインダー覗いたら気付くだろ?って思うんですが、気付かない時があるんですよね。うんうん。

でもあきらめないで。その汚れ、修正できるかもよ。

スポンサーリンク

レンズの汚れ(ゴミ)が映り込んだ時の修正手順

この写真ので囲んだ部分がレンズの汚れの映り込みです。

もったいない。雨が降っててちゃんとファインダーを覗かなかったから現像するまで気付かなかったんですね。

それでは早速修正しましょう。

使用するソフトは「Adobe Photoshop CC」です。

Photoshop CC でゴミを一発除去

  • なげなわツールでごみの部分を囲む。(上記のラインで囲むイメージ)
  • [編集]→[塗りつぶし]をクリックする。(SHIFT+F5でもOK)
  • [コンテンツに応じる]を選択して[OK]をクリックする。
  • ゴミが消える。

とっても簡単ですね。

応用してみよう

石畳の上の落ち葉。邪魔ですね。

イリュージョン。

今回のまとめ

ほかにもコピースタンプや修復ブラシを使う方法もありますが、私はこれが一番簡単だと思っています。

  • 選択する
  • 塗りつぶす

たったの2ステップですからね。

最後になりましたが、今回、素材として使用した桜の写真はしむさん(@46sym)に提供していただきました。ありがとうございます。

ブログ掲載にあたり、当サイトにてリサイズ・再圧縮を行っています。未圧縮の写真はしむさんの写真ブログ「PHOTOBAKO - フォトバコ」で見れますよ。

公式:【作例写真多数】SONY α6500とEF100mm F2.8L マクロ IS USMで楽しむ「雨と桜」 | PHOTOBAKO

それではステキなカメラライフを!あめたま(@ametama_l2l)でした。

-現像・加工・修正
-

Copyright© あめたまびより , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.