あめたまびより

初心者フォトグラファーの一眼レフカメラ奮闘記

2015

Jun

15

梅田の街中で優しく灯るキャンドルナイトを撮り歩く。小さい三脚があると便利かも。

diary_candle-osaka_2015summer

キャンドルの光って電球の人工的な光とは違って暖かいですよね。やさしい光というか。

梅田で電気を消してろうそくの灯りを楽しもうというイベントが開催されました。年2回、夏至と冬至の時期に開催されているイベントのようです。

すでにいろいろな方が参加レポートを書かれています。私は次回参加時の備忘録として、ちょっと失敗だったなーなんていう反省点をまとめておきます。

スポンサーリンク

100000人のキャンドルナイト @OSAKACITY 2015 SUMMER

0がたくさんあって桁がわかりにくいですが、100万人のキャンドルナイトです。

開催時間は18時~22時までの4時間。その間会場に飾られたたくさんのキャンドルが点灯します。そして20時~22時までの2時間は街の灯りが消灯します。

※消灯するのは一部の灯りです。真っ暗にはならないので懐中電灯などは不要です。

2015年夏は6月3日に茶屋町、6月10日に西梅田で開催されました。イベントを知ったときには茶屋町ナイトは終わっていたので、西梅田ナイトに参加してきました。

キャンドルナイトを撮り歩く

消灯前の西梅田

IMG_6577

JR大阪駅の桜橋口を出て少し歩き、大阪中央郵便局前に到着。キャンドルを並べて、郵便局の鳥の絵が描かれていました。

写真は郵便局前からハービスENTを撮っている妻を撮ったもの。ややこしいですね。

メイン会場に並べられたアート作品たち

IMG_6582

道を渡ると、ここからがメイン会場。歩道を進むとキャンドルによるアート作品がたくさん飾られています。

IMG_6628

色とりどりのキャンドルポットが鮮やかで目を奪われます。

IMG_6651

切り絵とキャンドルの組み合わせってすごく面白かったなぁ。

多すぎるギャラリー

IMG_6598

作品前はどこもすごい人です。場所取り合戦が半端無いです。

この写真は街の灯りが消える前ですが、20時を過ぎて街の灯りが落とされると、さらに増えていきます。

この時点で私はもうギブアップ気味。最前列まで進み適当に数枚撮ったら、後はぼーっと人の流れを見てました。

IMG_6653

もう完全にキャンドルを撮ることに飽きてました。ちょっと離れたところで三脚を立て、キャンドルを見てる人たちを撮り始めます。

今この写真見て気づいたんですが、いっしょん(@issyon_memo)が写ってますね。

IMG_6660

キャンドルを見つめる女性。真ん中の女性以外はささっと見て動いて行くのに、真ん中の女性だけはずっとキャンドルを見つめていました。

何を思ってキャンドルを見つめてるんだろう。

そう思いながらカメラを向ける私。これ文章にするとめちゃくちゃ気持ち悪い人じゃないですか。

反省点(次回参加時の備忘録)

大きい三脚は使えない

周りが暗いので、手持ちの場合はISOを上げざるを得ません。ISOを上げるとノイズが気になるので、三脚を使いたいところ。

ただ、キャンドル前ではたくさんの人がカメラを構えて集まっています。大きな三脚を立てるスペースはほぼありません。私のように大きな三脚を持っていっても荷物になるだけです。

小さい卓上三脚みたいなものの方が使い勝手がよさそうです。

バリアングル液晶が役立つかも

展示されているキャンドルの多くは地面に並べられています。

ローポジションでの撮影がほぼ必須になるので、バリアングル液晶だとかなり便利そうです。実際撮影している方の中にもバリアングル液晶を搭載したカメラを使っている方が目立っていました。

小さい三脚で固定する場合も手持ちで撮影する場合もファインダーを覗かずにライブビューで撮影している方が多かったのが印象的。

単焦点レンズよりもズームレンズの方が便利

ここはちょっと賛否両論がありそう。

暗いのでシャッタースピードを稼ぐには明るいレンズがほしいけど、人が多く場所を移動して構図を決めるということが難しいので、単焦点よりズームレンズの方が便利だなーというのが私の印象です。

ただどういう写真が撮りたいかを事前にしっかり考えていけば、単焦点レンズのほうがいいはず。

でも望遠レンズだけはいらないかな。60mm(35mm換算96mm)以上だと、人が写りこまないよう最前列に場所取りしたときに画角が狭すぎました…。

今回のまとめ

人ごみが嫌いな私にはかなり厳しいイベントでした。

どうやって撮ろうかをゆっくり考える時間はありません。というか考えたところでその場所に行くのが大変ですし。

私はあんまりポジションを独占するのって好きじゃないんです。ホタルの撮影のときもそうだったんですが、写真を撮っているからという理由で、他の楽しんでいる人たちの邪魔をしたくないんです。

私みたいな人は通行人や街の雰囲気を中心に撮ると楽しめるんじゃないかなって思います。

それではステキなカメラライフを!あめたま(@ametama_l2l)でした。

梅田の街中で優しく灯るキャンドルナイトを撮り歩く。小さい三脚があると便利かも。

あめたま / ametama_l2l

福井出身の昭和男子。ブロガー。一眼レフカメラ初心者。出来るだけわかりやすくがモットー。これから写真・カメラを始めたいという方に向けて情報発信中。

最新の更新情報はRSS・Feedlyでお届けしています。

こんな記事も書いています

diary_artaquarium_2016
アートアクアリウム展~大阪・金魚の艶~に行ってきました。

まだ大阪に住んでいたころ(といっても2ヶ月ほど前の話ですが)、「大阪を出る前に一 …

diary_atumn_leaves_2015
宇治で紅葉を撮影。終わりかけの紅葉をのんびりと楽しんできました。

今年はせっかくの紅葉を楽しまずに冬になってしまいそう。 そんな心配をしていたとこ …

diary_mushroom
マクロレンズと相性抜群の被写体「秋の味覚・キノコ」を撮る。

秋といえばキノコですね。キノコのおいしい季節になりました。香りマツタケ、味シメジ …

diary_sakuranoyama
さくらの山公園で飛行機撮影に挑戦。飛行機は望遠レンズ1本で撮れる!

仕事で千葉県に行ってきました。ホテルが成田空港から近かったので、飛行機の撮影に挑 …

diary_sakura2016_ooiseki
人混みを避けてのんびりと桜を撮影。泉佐野市の大井関公園に行ってきました。

桜の撮影で一番困るのは「人の多さ」なんですよね。 有名なスポットに行くと、人がご …

diary_poppy
ネモフィラを見たくて万博記念公園に行ったら一面のポピーがすごかったって話。

万博記念公園には年に数回行っています。 よく行く理由は家から比較的近いこと、いつ …

diary_riceplanting
福井県自慢の米『華越前』の田植えを見学。秋の収穫が待ち遠しい。

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか? この時期、福井ではあちこちで田植えが …

diary_sakura2016_zouheikyoku
一週間限定のお楽しみ。着物美女を引き連れて造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。

今さらなんですが、造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。 2016年は4月8日( …

diary_cosmos_2016
東京ドーム10個分のコスモス畑!満開の「宮ノ下コスモス広苑」に何度も足を運んでしまった話。

家から車で約20分のところにある「宮ノ下コスモス広苑」という畑。ここのコスモスが …

diary_eiheiji_kouyou_2016
福井県の有名紅葉スポット「永平寺」。2016年の見頃はそろそろ?傘松閣の絵天井が見れずちょっとだけ残念でした。

福井の有名紅葉スポット第2弾ということで「永平寺」に行ってきました。 永平寺は県 …