http://ametamabiyori.com

物欲レビュー

公開日:2017.05.31 更新日: 2017.06.11

旅行が好きで旅のお供にカメラが欲しいという友人におすすめしたカメラ。

質問者さん
Q. 旅行が好きで、旅のお供に写真を始めたいと考えています。おすすめの一眼レフカメラを教えてください。予算は20万円までで考えています。
あめたま
A. 旅行がメインならば一眼レフカメラよりもコンデジやミラーレス一眼がいいと思います。とにかく安い「SONY DSC-RX100」とか旅にぴったりの「Panasonic LUMIX DMC-TX1」とかがおすすめです。

友人から相談を受けたので、ちょっと真剣に考えてみました。

その結果、第一声が上の答えなんですけど、ちょっとそこに至る経緯とか最終的におすすめしたカメラについて書いていきます。

旅のお供に最適のカメラは何か?

カメラと旅行は非常に相性のよい趣味の組み合わせです。旅行好きな人はみんなカメラを始めたらいいのになって思います。

さて、本題に入りましょう。

一眼レフカメラをおすすめしないわけ

旅行がメインの場合、一眼レフカメラはおすすめしません。

理由は単純で、一眼レフカメラは大きいし重たいから。

一眼レフカメラの魅力はレンズを交換することでシーンに合わせた写真が撮れるということ。つまり、本体に加え、レンズも複数本持ち歩く必要があります。結構な荷物になり、最終的にはカメラを持ち出さなくなります。

「スマホでいいか」になるわけです。

カメラがメインの趣味で旅行がおまけの場合はフルサイズ一眼レフとバカみたいに重たいレンズをたくさん抱えて行ったらいいと思います。

どうしても旅行用に一眼レフカメラが欲しい人へ

どうしてもということであれば「Canon EOS Kiss X7 ダブルズームキット」をおすすめします。

一眼レフカメラのなかでは小さく軽量で価格もお手頃なため、発売から4年が経った今でも人気がある機種です。

※このブログの写真もこのカメラで撮っています。

旅行におすすめなのはミラーレス一眼やコンデジ

では、何をおすすめするか。それは、ミラーレス一眼やコンデジです。

理由は先ほどの逆で、ミラーレス一眼やコンデジは小さく軽いので持ち出しやすいということです。

とはいえ、ミラーレス一眼は一眼レフカメラと同じくレンズを複数持ち歩く必要があるので、一番のおすすめは手軽に持ち出せるコンデジってことになりますね。

質問者さん
コンデジならスマホでも十分なんじゃないの?

いいえ、そんなことないです。

コンデジにも種類がたくさんあって、一眼レフカメラには及ばないまでも、スマホよりもはるかに画質がきれいなコンデジがあります。センサーサイズの大きな俗にいう高級コンデジです。

旅行におすすめの高級コンデジ

SONY サイバーショット DSC-RX100

冒頭でおすすめしたカメラがこちら。

特徴:セールスポイント

  • 1.0型の大型センサー搭載
  • F1.8-4.9の明るいレンズ
  • レンズはカーツツァイスブランド
  • 焦点距離は35mm換算で28mm~100mm(光学ズーム:3.6倍)
  • 重量は240g

この性能で3万円台。驚愕のお値段です。サイズ感もよく、重量は240gととても軽いので、旅行に持ち出すには最適です。

このカメラの弱点

  • いろいろと反応が悪い
  • 遠くのものをアップで撮れない

パッと思いつく悪い点は主に2つあります。

1つ目はレスポンスの遅さです。発売からすでに5年が経っていて、さすがに現行の機種と比べるとレスポンスの遅さが気になります。

2つ目は望遠側の焦点距離が100mmという点。木の上にいる鳥や遠くに見えるお城を撮りたいとなると物足りない感があります。とはいえ、旅行中にそのようなシーンはあまりないと思うので、いらないっちゃいらないですね。

SONY サイバーショット DSC-RX100M5

上の初代RX100の最新モデルです。

特徴:セールスポイント

  • 1.0型の大型センサー搭載
  • 高速でノイズの乗りにくい新型センサー搭載
  • F1.8-2.8の明るいレンズ
  • レンズはカーツツァイスブランド
  • 世界最速0.05秒の高速オートフォーカス
  • 世界最多315点像面位相差AFセンサー搭載
  • 1/32000の超高速シャッターに対応
  • 最高24枚/秒、連続連射枚数150枚
  • Wi-Fi搭載
  • 可動式液晶モニター搭載
  • 焦点距離は35mm換算で28mm~70mm(光学ズーム:2.5倍)
  • 重量は約299g

初代RX100と性能が異なっている点を色分けしました。青文字が良くなった点、赤文字が悪くなった点です。

初代RX100と比べると使用感が全く異なります。サックサクです。

  • オートフォーカスも早く、ピピッとすぐ合います。
  • 1/32000という超高速シャッターが使えるので明るいところでも開放(F1.8)で撮影することができ、背景が大きくぼけた写真を撮ることができます。
  • 24枚/秒、連続連射枚数150枚の大量バッファーが使えるので、どんなシーンも撮り逃しません。

※ちなみに私が使っている「Canon EOS Kiss X7」のシャッタースピードは1/4000までです。連射は4枚/秒です。これだけでも単純に下手な一眼レフカメラよりすごいってことがわかると思います。

ちょっと重量が増えてますが、一眼レフカメラに比べたら誤差みたいなものです。

ほかにもファインダーがついているので明るいところでの撮影も楽だったり、バリアングル液晶なので自撮りもやりやすかったりします。いいことばっかり。

このカメラの弱点

高い。あと、ズーム(光学2.5倍)が全然効かない。

Canon PowerShot G7 X Mark II

Canon派の私だけじゃなく、各所でいい口コミを聞きます。

特徴:セールスポイント

  • 1.0型の大型センサー搭載
  • F1.8-2.8の明るいレンズ
  • 焦点距離は35mm換算で24mm~100mm(光学ズーム:4.2倍)
  • Wi-Fi搭載
  • 可動式液晶モニター搭載
  • 重量は319g

比較対象として、初代RX100と性能が異なっている点を色分けしました。青文字が良い点、赤文字が悪い点です。

全体的に高スペックな優等生といった感じです。お値段も5万円台とコストパフォーマンスの高い1台。

中でも特筆すべきは広角側が24mmスタートというところ。24mmスタートはかなり広く写せるので、旅先での雄大な景色や、旅館の部屋の中など、いろいろと写せる瞬間が増えるはずです。

あ、あと、これ三脚使えば星撮れます。

このカメラの弱点

特に見当たらないです。

Panasonic LUMIX DMC-TX1

非常に旅行向きな1台。さりげなく本命です。

特徴:セールスポイント

  • 1.0型の大型センサー搭載
  • F2.8-5.9の明るいレンズ
  • レンズはライカブランド
  • 焦点距離は35mm換算で25mm~250mm(光学ズーム:10倍)
  • Wi-Fi搭載
  • 撮影後にピント位置を変更できる「フォーカスセレクト」機能搭載
  • 重量は310g

比較対象として、初代RX100と性能が異なっている点を色分けしました。青文字が良い点、赤文字が悪い点です。

RX100やほかのカメラと比較してマイナスポイントになりえるのは開放F値が2.8スタートというところです。ただですね、ここまでF1.8を推してきてこんなこというのも何なんですが、F2.8で十分だと思います。特に旅のお供なら。

絞り値(F値)が小さいとどうなるの?

F値を小さくすると背景がぼけやすくなります。背景がぼけた写真は立体感を生み、ピントのあった部分に注視させる効果があります。そのため、ポートレート(人物写真)などでよく用いられます。

ただ、旅行での記念写真を考えると、背景がぼけすぎるというのも考え物です。なぜならば、背景がボケているとどこで撮った写真かわからなくなってしまうから。

F値が小さくないと撮れない写真というのは確かに存在しますが、旅のお供ということであればF2.8で十分だと思います。

そして、焦点距離が25mm~250mmと光学で10倍ズーム。広角から望遠までを1台でこなしてくれます。

ちなみに一眼レフだと重たい高倍率ズームレンズを1本持つか、広角~標準、標準~望遠と2本のレンズを持つことになります。うっわー、これ便利ですね。

さらにさらに撮影後にピントの位置を変更できる「フォーカスセレクト」という機能を搭載しています。これはパナソニックだけの機能です。

撮影にちょっと時間がかかりますが、どうしても失敗したくない写真を撮るときなど、重宝すると思いますよ。

このカメラの弱点

強いて挙げるなら開放絞り値がF2.8っていうところです。それ以外は無敵。

旅行におすすめのミラーレス一眼

SONY α6000

ミラーレス一眼はSONYが強いです。

  • APS-Cサイズの大型センサー搭載
  • それなのに本体重量は約285g(バッテリーなどは含まず)
  • 焦点距離は35mm換算で24mm~75mm(光学ズーム:3.1倍)、F値3.5-5.6の広角~中望遠レンズ。

小さくて軽い一眼レフカメラみたいな感じです。とは言っても、やっぱり携帯性ではコンデジにかないません。初めての旅カメラならば、やはりコンデジの方がおすすめです。

ちなみに、もう一本望遠レンズがついたダブルズームレンズキットもあります。

携帯性はさらに落ちますが、お買い得度はこちらの方が高いです。

OLYMPUS PEN Lite E-PL7

ミラーレス一眼でもうひとつ押さえておきたいのがオリンパスのPEN Liteです。

  • センサーサイズは少しだけ小さめの4/3型(それでもコンデジの1型よりは大きい)
  • 本体重量は約309g(バッテリーなどは含まず)
  • 焦点距離は35mm換算で24mm~82mm(光学ズーム:3.4倍)、F値3.5-5.6の広角~中望遠レンズ。
  • ダブルズームキットは焦点距離80mm~300mm、F値4.0-5.6の望遠レンズ付き。

センサーサイズはAPS-Cより一回り小さく、1型センサーより一回り大きい4/3型(マイクロフォーサーズ)。

これだけ見るとα6000の方が良さげに見えるかもしれませんが、PEN Liteの神髄は見た目にあり!もう完璧に女子カメラ。

専用レザーケースを付けるとさらにおしゃれになります。

今回のまとめ

普段カメラを使っていない、写真はスマホでしか撮らないという人が旅行用に使うなら絶対にコンデジの方がおすすめです。

大きい・重い・荷物が増えるということは旅行においてはかなりのマイナスポイント。さらに慣れないレンズ交換でシャッターチャンスを逃す度にこう思うはずです。

「スマホの方が楽じゃん」

なのでできるだけ負担が少なく、かつきれいな写真をストレスなく撮れる機種を挙げたつもりです。

予算は20万円なんて言ってたけど、無理せずお手頃なカメラを買って、まずはカメラで写真を撮るということに慣れてから次のステップに移ることをおすすめしたいと思います。

それではステキなカメラライフを!あめたま(@ametama_l2l)でした。

今回の一押し。旅のお供に最適のカメラはこちら

Feedly・RSSで 最新情報 をゲット

-物欲レビュー
-,

Copyright© あめたまびより , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.