あめたまびより

初心者フォトグラファーの一眼レフカメラ奮闘記

2016

Jun

25

クリップオンストロボ(430EX III-RT)とディフューザーの室内性能とやらを見せてもらった。

review_430ex-iii-rt

ストロボを買ったので、室内で試し撮りをしてみました。

かなりざっくりとですが、ストロボがあるとどんな感じになるかという実験です。

どちらかというと私の備忘録と、息子のかわいい顔自慢です。

スポンサーリンク

今回使用する機材

ボディ:Canon EOS Kiss X7

言わずと知れたあめたま使用の名機。恐らく2016年6月現在も世界最小最軽量の一眼レフカメラ。

レンズ:Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

私の使用頻度ナンバーワンレンズ。35mm換算96mmという中望遠マクロはポートレートにもぴったり。

ストロボ:Canon スピードライト430EX III-RT

2015年10月1日に7年ぶりにリニューアルしたミドルクラスのクリップオンストロボ。ストロボ買ったのが初めてなのでまだよくわかっていません。

前機種との違いは首振り角度が変更になっていることと、上位モデルにしか搭載されていなかったラジオスレーブ(※)というワイヤレス発光が出来るようになったこと。

(※)EOS Kiss X7は対応していないので、別途トランスミッターが必要です。

ディフューザー:ハクバ クリップオンストロボディフューザー 2WAY Lサイズ

ハクバから出ているクリップオンストロボのディフューザーです。

ディフューズ撮影とバウンス撮影の2種類に対応しているというちょっと面白いアクセサリ。MとLの2サイズありますが、今回はLサイズを用意しました。

クリップオンストロボの室内撮影テスト

撮影条件

  • 機材は上述のものを使用
  • 室内はLED灯(一般的な家庭用)がある
  • 絞り優先モードで撮影(F4.0固定)
  • ISOオート
  • ホワイトバランスオート
  • ストロボ照射量オート

要はF値だけ固定して、残りはカメラとストロボ任せです。部屋の電気は付けています。

ストロボなし

_MG_5131

普通ですね。

この写真、よく見るとキャッチライトが入ってますが、これは隣の部屋のLEDライトの写り込みです。ドアが開いていて写り込むという痛恨のミスでした。

天井バウンス

_MG_5132

ホワイトバランスがかなり変わってます。ストロボを使用したことでISOが1000から400になりました。ノイズ感が減ったはずですが、あまりよくわかりません。

瞳に入ったキャッチライトは1つがストロボ、もう一つが隣の部屋ですね。

あと、ちょっとピンボケしてます。悔しいです。

ストロボ直射

_MG_5136

いかにもストロボを焚きました!って感じですね。

光が直接正面から当たっているので、首の下の影は消えましたが、うしろのクッションに強い影が写っています。

また、被写体が30代・40代のおっさんだったら、鼻・おでこが脂でテカテカに反射していたことでしょう。

ディフューザー付きで天井バウンス(ディフューズ板90度)

_MG_5138

ここからはディフューザーを付けていきます。まずは天井バウンス。ディフューズ板は90度にしています。(詳しくは後日別記事書きます)

これもサンプルとしては良くないですね…。キャッチライトが…。

全体的にディフューザーなしの天井バウンスとあまり差は見受けられません。

ディフューザー付きで天井バウンス(ディフューズ板45度)

_MG_5140

あ、これいい。これいいですねー。天井バウンス+正面からの淡い光って感じで影も自然に消えています。

瞳のキャッチライトはストロボが1つと、天井のLEDライトですね。

ディフューザーあり

_MG_5143

写真がかなり暗くなりました。これは原理的には当たり前の話だったりします。

今回使用したディフューザーを使用する場合、カメラ側ではディフューザーが付いていることはわかりません。そのためディフューザーが付いていないものと判断した露出・光量で撮影します。

実際にはディフューザーでストロボの光を拡散してしまっているので、暗く写ってしまうわけです。

今回のまとめ

実験ということで、撮影も簡単に済ませたことが仇となったようで、うまく撮れていないものがほとんど…。

いずれ写真を総入れ替えで記事ごと書き直すかもしれませんが、あくまで備忘録ってことで。

室内での撮影には今回のディフューザーは面白いと思います。天井バウンスが使えない場合などももしかしたらいい効果を出してくれるかもしれません。(光量は上げる必要があると思いますが)

オートでここまで撮れるのが純正同士の良さかなって思います。レンズ情報とかもやり取りしてストロボのズームや発光量決めてるみたいなので。すごいですね。ハイテクノロジーです。

それではステキなカメラライフを!あめたま(@ametama_l2l)でした。

クリップオンストロボ(430EX III-RT)とディフューザーの室内性能とやらを見せてもらった。

あめたま / ametama_l2l

福井出身の昭和男子。ブロガー。一眼レフカメラ初心者。出来るだけわかりやすくがモットー。これから写真・カメラを始めたいという方に向けて情報発信中。

最新の更新情報はRSS・Feedlyでお届けしています。

こんな記事も書いています

review_lens_babytake
赤ちゃんを撮るのに最適のレンズは?2本の単焦点レンズで比較してみた

子どもが生まれてからというもの、私の被写体の中心は完全に息子になりました。同じよ …

comdigi_2015summer
【2015年夏】小さくても高性能!安くて軽量・コンパクトなおすすめコンパクトデジタルカメラ

このブログでは一眼レフカメラのことばっかり書いていますが、「写真を楽しむ」という …

review_efs24f28
「EF-S24mm F2.8 STM」を購入!Kiss X7と相性抜群の単焦点レンズレビュー

「Canon EOS Kiss X7」を購入した翌日、私の手元には1本のレンズが …

ef50f18stm
EF50mm F1.8 STMがついに登場!最強の撒き餌レンズが四半世紀ぶりにリニューアル!

噂は以前からありましたが、ついに公式に発表されました。Twitterもブログもカ …

review_kissx7
カメラ初心者が『Canon EOS Kiss X7』を最初の一眼レフに選んだ3つの理由

Canon EOS Kiss X7を購入して4ヶ月が経ちました。4ヶ月間いろんな …

review_nex5t
Canon派の私が「Sony NEX-5T」を使った率直な感想

私は自他共に認めるバリバリのCanon派です。 こう書くとよく勘違いされるんです …

review_ef50f18
「EF50mm F1.8 II」レビュー。Canonの撒き餌レンズはコストパフォーマンス抜群!

Canonにはコストパフォーマンズが抜群に高いレンズがあります。それが「EF50 …

review_sflens_201504
焦点距離で見る単焦点レンズ比較。一眼レフカメラを購入して3ヶ月で触った単焦点レンズ4本を紹介!

一眼レフカメラを購入して早3ヶ月。写真を撮り続けていると、次のレンズが欲しくなる …

review_eosm3
Canon のミラーレスカメラ「EOS M3」レビュー。思ったことを正直に書きます。

バリバリのCanon派な私がついにCanonのミラーレス機「EOS M3」を触っ …